バンカーの260億円に黄信号、ファイザー・アラガン合併破談か

ファイザーによる同業アラガンとの1600億ドル(約17兆7000億円)規模の合併合意について助言したバンカーたちが受け取るはずの巨額手数料が風前のともしびとなっている。合意が破棄される見通しが濃厚となってきたためだ。

  米政府が今週、企業のインバージョン(租税地変換)についての制限を強化する規則を発表したことで、合併実現が危うくなった。ファイザーは合併後の新会社をアラガンの本拠であるアイルランドのダブリンに置く計画だった。

  コンサルタント会社フリーマンの最新の見積もりによれば、アドバイザーの助言手数料は両社を合わせ2億3600億ドル(約260億円)。ファイザー側が約9400万ドル、アラガンのアドバイザーが1億4200万ドルとなる。合併が破談になれば銀行が受け取れるのはその10分の1になる公算だとフリーマンが5日にコメントした。

  ファイザーのアドバイザーはゴールドマン・サックス・グループとセンタービュー・パートナーズ、グッゲンハイム・パートナーズ、モーリス。アラガン側はJPモルガン・チェースとモルガン・スタンレー。

原題:Bankers Risk Losing Millions If Pfizer-Allergan Deal Dies (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE