中国株:上海総合指数、5日ぶり反落-工商銀など金融株安い

更新日時

6日の中国株式市場で、上海総合指数が3カ月ぶり高値から下落。銀行株や保険銘柄を中心に値下がりした。

  上海総合指数は5営業日ぶりに反落し、前日比0.1%安の3050.59で終了した。中国工商銀行(601398 CH)や中国人寿保険(601628 CH)などの金融株が売られた。酒造会社の貴州茅台酒(600519 CH)が10カ月ぶりの高値を付けるなど、景気変動の影響を受けにくい消費関連株は上昇した。CSI300指数は前日比0.2%安。

  JPモルガン・アセット・マネジメントのアジア市場担当チーフストラテジスト、許長泰氏(香港在勤)は「政策変更が中国市場に不確実性をもたらす可能性がなおある」と指摘。「データ面で若干の安定化が示されており、それがある程度の下支えになっている」とも述べた。

  香港市場ではハンセン中国企業株(H株)指数が3日続落し、前日比0.1%安で引けた。ハンセン指数は0.2%高。

原題:Chinese Stocks Halt Four-Day Winning Streak as Financials Slump(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE