アイスランド首相が辞任、パナマ文書の租税逃れ疑惑で批判浴びる

更新日時
  • 資産隠しや租税回避の疑いで辞任求めるデモに数千人が参加
  • アイスランド首相は氷山の一角にすぎないとユーラシア・グループ

アイスランドのグンロイグソン首相(41)が5日、辞意を表明した。パナマの法律事務所から流出したいわゆる「パナマ文書」で浮上した資産隠しや租税回避の疑いが一国の政府首脳の辞任につながったのは初めて。

  首都レイキャビクでは課税逃れに関わったとされる首相の辞任を求めるデモに数千人が参加。こうした中、グンロイグソン首相は任期を1年残して辞任する意向を議会で示した。野党ばかりか、与党内からも退任圧力が強まっていた。

  国際的非政府組織(NGO)「トランスペアレンシー・インターナショナル」のEU部門ディレクター、カール・ドラン氏は電話インタビューで、「これが如実に示すのは、腐敗したエリートらが国際金融システムを不正に操ってきたやり方に対し、許さないとの声がますます高まっていることだ」と指摘した。

  パナマ文書によれば、グンロイグソン首相は妻と共に英領バージン諸島に投資資産を保管していた。それには破綻した国内銀行3行の社債も含まれていた。このため破綻銀行の債権者との交渉を監督した同首相の役割についても疑念が生じている。皮肉にも、これらのオフショア投資口座が設けられたのは、アイスランドが資本規制を敷いている間だった。

  政治コンサルティング会社ユーラシア・グループのイアン・ブレマー社長は5日の電話インタビューで、パナマ文書をきっかけに「長期的な政治不安定化が見込まれるという点から、アイスランド首相は氷山の一角にすぎない」と語った。

原題:Panama Secrecy Leak Claims First Casualty as Iceland PM Quits(抜粋)

(識者のコメントなどを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE