シカゴ連銀総裁、高い不透明性を懸念-英国民投票と米大統領選響く

  • どんなリスクがわれわれを襲うか予測は難しい
  • 中国について「特に劇的な出来事」を懸念してはいない

英国の欧州連合(EU)離脱(「Brexit」)をめぐる国民投票、米国の大統領選挙を控えていることが不透明感を高め、政策当局者や企業、投資家の決定を複雑にしているとの認識を、米シカゴ連銀のエバンス総裁が示した。

  同総裁は5日に香港でブルームバーグのテレビインタビューに応じ、英国の国民投票に加え欧州への難民流入急増に言及。さらに、11月に行われる米国の大統領選挙をめぐっても「大きな不透明感」があると指摘した。

  「どんなリスクがわれわれを襲うか予測は難しい。今は不透明感が通常より高いさなかにある」と同総裁は語った。

  その後の講演で、米当局が今年2回の追加利上げを実施した後、「非常に緩やかな利上げの道のリをたどる」のが適切だとの考えを示した。原油相場に影響しドル高を促す可能性のある国際動向が下振れリスク要因の一つだとも述べた。

  クレディ・スイス・アジア投資家会議での質疑応答では「不透明感が増すとわれわれの仕事は難しくなる」と中銀の責務達成について述べ、「経済界の人間や投資を考えている人にとっても不透明感があるだろう」と付け加えた。

  講演後に記者団に対し、移行途上の中国経済には浮き沈みがあるだろうが「特に劇的な出来事」を懸念してはいないと語った。

原題:Fed’s Evans Sees More Uncertainty Amid Voting in the U.K., U.S.(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE