アジア株:MSCI指数、1カ月ぶり安値-原油安でエネルギー株下落

5日のアジア株式相場は下落。MSCI指数が1カ月ぶり安値となりそうだ。原油安を受けてエネルギー銘柄が下げたほか、円が対ドルで約1年5カ月ぶり高値を付けたことから日本の輸出株が下落した。

  MSCIアジア太平洋指数は香港時間午後4時23分(日本時間同5時23分)現在、前日比1.6%安の124.48。このままいけば終値は3月2日以来の安値となる。日本株のほか、インド株が下落。香港株や韓国株、シンガポール株なども安い。中国株は上昇した。

原題:Asian Stocks Decline as Oil Slides, Japan Shares Slump on Yen(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE