三井住友銀:マイナス金利で海外銀行に口座手数料-他メガ銀も検討

三井住友銀行は海外金融機関から預かる預金の一部に手数料を課す方針を固めた。マイナス金利政策の影響で収益が圧迫される中、大手信託銀行も運用会社などから口座手数料の徴収を検討しており、金融界に影響が広がってきた。

  三井住友銀は外国銀行などが円建て資金の送金や決済に使う専用の口座を対象にした手数料を導入する準備を進めている。広報担当の氷室祐一郎氏がブルームバーグの取材に、一定の残高を超える場合に徴収する計画を明らかにした。4月にも導入する予定。

  このほか、三菱東京UFJ銀行みずほ銀行の広報担当者も、それぞれ同様の口座手数料を検討していることを認めた。ただ、まだ何も決まっていないとしている。信託銀行も顧客から預かった資金から発生するマイナス金利のコスト相当分を運用会社や年金基金に負担してもらう形の手数料を導入する予定だ。

  日銀のマイナス金利は、民間銀行が預ける当座預金の一部や、一定額を超える現金などに課されている。それ以外にも市場金利の低下を通じて収益が圧迫されている。今回大手行が手数料を検討するのは、海外の銀行同士が互いに開設し合う専用口座で、邦銀も取引する海外銀行に設けている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE