中国株:上海総合指数、3カ月ぶり高値-テクノロジー株高い

更新日時
  • 短期的に株価反発が続くとクレディ・スイスは予想
  • 香港のH株指数は先週の強気相場入り後に続落

5日の中国株式相場は上昇。上海総合指数が3カ月ぶりの高値を付けた。テクノロジー株などが上げの中心となった。中国経済が安定化しつつある兆しが好感された。

  上海総合指数は4営業日続伸し、前営業日比1.5%高の3053.07で終了。一時0.5%安となる場面もあった。業種別ではテクノロジー株の指数が値上がり率トップで、ソフトウエア開発の恒生電子(600570 CH)は10%の値幅制限いっぱい上昇した。

  香港市場では、ペトロチャイナ(中国石油、857 HK)など中国本土の銘柄を中心に下落。原油が3営業日続落したことが響いた。

  クレディ・スイスの陳李ストラテジストは香港での記者説明会で、人民元建ての「A株市場は世界的な株価反発の流れに続いている」と指摘。鉄鋼価格やインフラ投資、不動産販売が3月に上昇・増加したことから判断して、「中国経済安定化の早期の兆しが見えている」と述べた。

  CSI300指数は1.3%上昇。10業種全てが値上がりした。香港のハンセン中国企業株(H株)指数は1.9%安で引けた。同指数は先週、強気相場入りした。ハンセン指数は1.6%下げた。4日の中国・香港市場は祝日のため休場だった。

原題:China Stocks Rise to Three-Month High as Technology Shares Gain(抜粋)
*HONG KONG’S HANG SENG INDEX FALLS 1.57% TO 20,177.00 AT CLOSE

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE