「貧者の金」と呼ばれる銀、米個人投資家の心つかむ-チャート

  金に対して2008年以降で最も割安な価格近辺で取引されている銀への投資家の関心が高まる可能性がある。米造幣局による銀貨販売量の1年間の移動平均値が3月に、データ集計の始まった1986年以降で最高に達した。銀の現物価格は1-3月(第1四半期)に11%上昇し、ここ約3年間で最高のパフォーマンスを示した。コメルツ銀行によれば、銀投資と銀貨需要を背景に銀価格が金と比較して上昇する可能性がある。

原題:Poor Man’s Gold Captures Hearts of U.S. Retail Investors: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE