米アップル、インドで激しい抵抗に直面-中古iPhoneが議論呼ぶ

  • インドでの中古携帯電話の輸入・販売をアップルが再申請
  • 現地のスマホメーカーは強硬に反対し、政府に警告

中古の携帯電話販売でインドのスマートフォン市場を攻略しようという米アップルの戦略が、現地で激しい抵抗に遭っている。

  アップルはインドで中古の携帯電話輸入・販売を手掛ける最初の企業になることを目指し、当局に許可を申請中。同社にとって昨年に続く2回目の挑戦となる。今回は実現の可能性がより高く、インドの携帯電話業界でアップルへの反発が広がっている。

  業界幹部らは、申請が認められれば電子機器の廃棄物が氾濫する結果となり、国内の競合企業を苦境に追いやる上、モディ首相が掲げる国内製造業の奨励策「メーク・イン・インディア」プログラムが茶番になると政府当局者に非公式に警告。月に約170万台の携帯電話を売るカーボン・モバイルズのスディル・ハシジャ会長は「メーク・イン・インディアがダンプ(ごみ捨て)・イン・インディアになりかねない」と述べた。

  アップルが昨年行った申請はインド当局に拒否され、当時はさほど注目されることはなかったが、状況は変わった。中国と米国の市場の伸びが鈍化する中、携帯利用者数で世界2位のインドは今やアップルにとって極めて潜在性の高い成長機会をもたらす存在となった。アップルはインド市場の可能性を盛んに指摘してきている。同社にとってインドで最初の直営店開設も認められる方向だ。

  エレクトロニクス業界の主要団体は脅威と捉え、最近ロビー活動を行う部門を設立しアップルの申請に強硬に反対する書簡を政府に直接送付した。

  世界で最も高価格帯のスマホ「iPhone(アイフォーン)」を提供するアップルにとって、インドの所得水準の低さと規制が障害となっている。現在の市場シェアは2%足らず。同社は安価な中古端末を販売することで価格に敏感な消費者を取り込もうとしている。
 
原題:Apple’s Push to Flood India With Used iPhones Ignites Backlash(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE