4月4日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:円が対ドル上昇、日銀政策に限界との見方

4日のニューヨーク外国為替市場では円が上昇。対ドルで約1年半 ぶりの高値に迫った。1-3月(第1四半期)の円上昇で、日本銀行の 金融政策では通貨安誘導に限界があるとの懸念が広がった。

第1四半期に円は6.8%上昇。3年に及ぶ刺激策はすでに織り込ま れていることが示唆された。世界的な景気減速に対する懸念が円の買い を促している。日銀は1月29日にマイナス金利政策の導入で市場を驚か せたが、円の上昇を抑制できずにいる。

BNPパリバの通貨ストラテジスト、バシーリ・セレブリアコフ氏 (ニューヨーク在勤)は「今年初めに強まった世界経済に対する慎重な 見方すべてを、円が受け止めている」と述べ、「日銀は円安に誘導でき ていない」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、円は対ドルで約0.3%上昇して1 ドル=111円34銭。2014年10月以来の高値に迫った。円はユーロに対し て1ユーロ=126円81銭だった。

三菱東京UFJ銀行の外為ストラテジスト、リー・ハードマン氏 (ロンドン在勤)は「日銀が一段と思い切った手段を講じない限りは円 安誘導力に疑問が高まっていると言えるだろう」と述べ、「日銀の統制 以上に外部の出来事によって円の動向が決まる。円は押し目買いのよう だ」と続けた。

同行は円が年末までにドルに対して1ドル=110円まで上昇すると 見込んでいる。

市場のコンセンサスではドルが年末までに上昇すると予想されてい る。米金融政策当局の利上げが見込まれるのに対して、日銀は刺激策を 維持するとみられていることが背景だ。ブルームバーグがまとめたアナ リスト予想中央値では円は対ドルで年末までに1ドル=118円まで下げ る。

この日のドルは軟調に推移した。朝方発表された2月の米製造業受 注が前月比で落ち込んだことに反応した。主要10通貨に対するドルの動 きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数はほぼ変わらず。先週 は1.6%下げた。

ナショナル・バンク・オブ・カナダでチーフエ コノミストを務め るステファン・マリオン氏(モントリオール在勤) は「年末までにド ルは対円で120円まで戻す可能性がある」と述べ、「その要因の多くは 米国での引き締めだろう」と続けた。

原題:Yen Approaches 18-Month High as Traders Weigh BOJ Policy Limits(抜粋)

◎米国株:反落、年初来高値に到達後モメンタム失う-消費関連安い

4日の米株式相場は年初来高値から下落。ヘルスケア株は上昇した ものの、消費関連や資本財が大きく下げた。市場は上昇を継続させるた めの新たな材料を探している。

米国株は先週上昇し、週間ベースではここ7週間で6回目の上げと なっていたが、この日は勢いを失った。フォード・モーターやゼネラ ル・モーターズは、1日発表された自動車販売台数が期待外れだったこ とを嫌気し下落。フリーポート・マクモランは、銅相場の値下がりを手 掛かりに売られた。一方ヴァージン・アメリカは急伸。アラスカ・エ ア・グループは、ヴァージン・アメリカを26億ドルで買収することで同 社と合意した。

S&P500種株価指数は前週末比0.3%安の2066.13。ダウ工業株30 種平均は55.75ドル(0.3%)下げて17737ドル。

パイオニア・インベストメンツの米株式調査責任者クレイグ・スタ ーリング氏は「このところの上昇がヘッドフェイクなのかどうかについ ては、さまざまな見方がある」とし、「売買高のあまり多くない状況で 上昇してきており、今はある種の転換点にある。原油が一段安となった り、悪い内容のマクロ経済データが示されたり、あるいは金利市場が株 式に不利な方向となれば、年初の状況に戻ることになる」と続けた。

前週末の1日は、雇用や製造業の指標で成長が堅調に進んでいる兆 候が示されたことから株式相場は上昇していた。

シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数 (VIX)はこの日、7.8%上昇の14.12。1日には昨年8月以来の低水 準となっていた。

米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長が先週、利上げペ ースは緩やかなものになるとの認識を示したことを受け、先物トレーダ ーらが織り込む4月の利上げ確率はゼロ、12月でようやく50%以上に上 昇する。この日発表された2月の米製造業受注は前月比で減少した。6 日には3月の連邦公開市場委員会(FOMC)会合の議事録が公表され る。

今後は企業決算に注目が移っていく。11日発表のアルコア決算を皮 切りに、第1四半期の決算シーズンがスタートする。

ジェフリーズ・グループのストラテジストらは、米国株には一段の 上昇余地があるとみている。企業業績に対する期待が低く、サプライズ をもたらしやすいことも理由として挙げた。チーフグローバル株式スト ラテジストのショーン・ダービー氏率いるジェフリーズのチームはリポ ートで、「結論を言えば、金融当局のハト派姿勢や株式投資家の懐疑的 な見方、決算の上方修正が見込まれる状況から、投資家は株価が上方向 に大きく動く可能性に備えるべきだ」と指摘した。

S&P500種の業種別10指数では8指数が下落。資本財や素材、一 般消費財の指数が特に下げた。ヘルスケア株の指数は1%上昇。

原題:U.S. Stocks Slip From Highest This Year as Rally Loses Momentum(抜粋)

◎米国債:ボラティリティが低下、年初来の最低-予想金利幅の縮小で

4日の米国債市場ではボラティリティが低下。2014年以来の低水準 に近づいた。米国債に対する広範な需要があり、金融政策当局が緩やか なペースでの利上げを表明していることから、利回りが狭いレンジ内に とどまるとの見方が強まっている。

米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は先週、利上げを 「慎重に進める」ことは適切だと指摘した。今後1年の価格変動見通し を示すバンク・オブ・アメリカ(BofA)メリルリンチの指数は、4 営業日連続で低下し年初来で最低を付けた。

第1四半期の米国債のリターンは3.3%と、同四半期としては2008 年以来の良好な成績となった。株式・商品相場の荒い動きに加え、海外 の債券利回りが記録的な低水準にあるため、米国債の魅力が高まった。 米連邦公開市場委員会(FOMC)は先月、政策金利を据え置いたほ か、2016年の利上げ回数見通しを4回から2回に下方修正し、市場の金 融政策見通しに近づいた。イエレン議長は世界経済の影響でリスクが高 まっているため、利上げに向けた慎重な姿勢は「特に正当化される」と 述べた。

ウェルズ・ファーゴ・セキュリティーズの金利ストラテジスト、ボ リス・ルジャビンスキ氏は「取引レンジの低下やハト派的な米金融当 局、米債券利回りへの需要継続により、市場参加者のボラティリティ見 通しが低下している」と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後5時現在、10年債利回りは前営業日比1ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)低下の1.76%。同年債(表面利率1.625%、2026年2 月償還)価格は98 24/32。

シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数 (VIX)は2月以降に半分に低下した。株価反発が背景にある。

1ー3月期の通貨市場ではボラティリティが2011年以来の水準に上 昇した。世界経済の見通し悪化に加え、主要中央銀行の政策の違いが相 まって、通貨の動きが荒くなった。JPモルガン・グローバル外為ボラ ティリティ指数は2月に平均11.44%と、2011年12月以来の高水準とな った。14年7月には5.55%まで低下していた。年初からの平均 は10.91%。

金利先物市場が織り込む6月までの利上げ確率は22%と、1週間前 の38%から低下。この算出は利上げ後の実効フェデラルファンド (FF)金利が平均0.625%になるとの仮定に基づく。

2月の製造業耐久財受注額は予想よりも減少した。一方、製造業受 注額は予想に一致した。

2年債と30年債の利回り差は3営業日連続でフラット化。1.86ポイ ントに縮小した。

原題:Treasuries Volatility Plunges as Interest-Rate Outlooks Converge(抜粋)

◎NY金:続落、米経済が強さ増していることを統計が示唆

4日のニューヨーク金先物相場は続落。米国の雇用と製造業の指標 を受けて同国の経済成長は勢いを増しているとの観測が強まったことか ら、代替投資としての金の買いが減退した。

RBCウェルス・マネジメントのマネジングディレクター、ジョー ジ・ジロ氏(ニューヨーク在勤)は電話インタビューで、「雇用統計な ど先週の経済指標から判断すると、6月の利上げは可能性としてまだあ るようだ」と指摘。「それらすべてが不透明感をもたらしている。不透 明感は金買いを控える要因になる」と述べた。

ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は前週末 比0.3%安の1オンス=1219.30ドルで終了。

銀先物5月限は0.7%下落の14.944ドル。ニューヨーク商業取引所 (NYMEX)のプラチナとパラジウムも値下がりした。

原題:Gold Sags for Second Day as U.S. Data Signal a Stronger Economy(抜粋)

◎NY原油:1カ月ぶり安値-サウジの姿勢で生産調整が遠のく

4日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インタ ーミディエート(WTI)先物が大幅続落し、1カ月ぶり安値。サウジ アラビアが生産水準を維持するのは、イランを含む主要産油国が加わる 場合に限定されるとしたムハンマド副皇太子の発言を受け、生産調整へ の期待が後退した。

コンサルティング会社ショーク・グループ(ペンシルベニア州ヴィ ラノヴァ)のスティーブン・ショーク社長は「石油輸出国機構 (OPEC)加盟国と非加盟国による生産水準の維持という構想はジョ ークになってしまった」と語る。「イランが生産を増やし続ける限り、 サウジは動くつもりはない。ロシアはつい最近、生産量がソ連崩壊後の 最高水準を更新したと発表した。生産調整に向けて一番働きかけていた のはロシアではないか」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物5月限は前営 業日比1.09ドル(2.96%)安い1バレル35.70ドルで終了。終値ベース で3月3日以来の安値。ロンドンICEのブレント6月限は98セント (2.5%)下げて37.69ドル。

原題:Oil Falls to One-Month Low as Saudis Link Output Freeze to Iran(抜粋)

◎欧州株:3日ぶり上昇、景気への楽観で-仏通信各社は急落

4日の欧州株式相場は3日ぶりに上昇。米国経済の堅調さが世界の 成長を後押しするとの信頼感が追い風になった。

指標のストックス600指数は前週末比0.4%高の334.49で終 了。1.1%高まで買われる場面もあったが、上げ幅を縮小した。合併協 議が破談に終わったことを明らかにしたフランスの通信会社オランジュ は6.2%下げ、ブイグは13%安。同業のアルティスやイリアド、ニュメ リカブル-SFRもそれぞれ2桁の下げに沈んだ。

ルツェルン州立銀行(スイス)のトレーダー、ベンノ・ガリカー氏 は「欧州の大半の企業は順調だ」と指摘。「完璧ではないが、常に耳に 入ってくる情報ほど悪くはない」と述べた。

この日上昇が目立ったのは製薬株で、仏サノフィとドイツのメルク が上げを主導。独電力会社のRWEは3.1%高。ソシエテ・ジェネラル による投資推奨が好材料となった。

ギリシャ市場の指標であるアテネ総合指数は1.2%安で、西欧市場 のうち下げ幅が最も大きかった。国際通貨基金のラガルド専務理事が追 加支援での合意は「まだかなり先」だと述べたことが嫌気された。

原題:Europe Stocks Rebound on Economy Optimism, While Bouygues Slumps(抜粋)

◎欧州債:ギリシャ短期債急落、IMF専務理事の発言嫌気

4日の欧州債市場ではギリシャ国債が下落し、短期債利回りはほぼ 2カ月ぶりの上昇幅を記録した。国際通貨基金(IMF)のラガルド専 務理事がギリシャ追加支援への合意は「まだかなり先」だと発言したこ とが嫌気された。

ギリシャの2017年7月償還債利回りは10年債利回りに比べて200ベ ーシスポイント(bp)以上高く、いわゆる逆イールドカーブの現象が 生まれている。逆イールドはインフレによる債券の長期的なリターン減 少よりも、短期的な債務不履行(デフォルト)を投資家が強く懸念して いる可能性を示唆する。

ただ、比較的利回りの高い欧州他国の債券にパニックの兆しはほと んど見られなかった。ポルトガルとスペインの10年債利回りは2bp程 度の上昇にとどまった。

クレディ・アグリコルCIBの金利ストラテジスト、オーランド・ グリーン氏(ロンドン在勤)は「ギリシャ問題の影響は同国に限定され るだろう」と述べ、「今後数カ月にわたり続くテーマになる」との見方 を示した。

ロンドン時間午後4時40分現在、ギリシャの17年7月償還債利回り は177bp上昇の10.69%と、今年2月9日以来の上昇幅。価格は1.895 下がり91.635となった。10年債利回りは36bp上昇の8.95%。

一方、ユーロ圏で最も安全とされるドイツ10年債指標銘柄は1カ月 ぶりの低水準を付けた。3月1日以来の0.12%まで下げた後、前週末比 ほぼ変わらずの0.13%となった。

原題:Greek Bonds Drop as IMF Says Deal on Additional Loans Is Far Off(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE