サウジアラビア、国際債券市場活用を9月にも-国務相

国内経済に対する前例のない圧力に直面しているサウジアラビアは、9月にも同国初となる国際債券市場の活用を始め、債券発行計画を導入する方針だ。

  協調融資の取り決めがまとまり次第、サウジは起債の準備をし、2年もしくは3年の発行計画を策定するとシーク国務相が述べた。同相はムハンマド副皇太子とブルームバーグ・ニュースとの会談の際に発言した。事情に詳しい関係者は今年に入り、サウジ政府が協調融資で約100億ドル(約1兆1200億円)の調達に向け銀行側と協議していると述べていたが、同相は詳細の確認を控えた。

  シーク国務相は、債券発行のタイミングは市場環境次第だが「9月にも市場を活用できるよう金融機関や法律の専門家と準備作業を進めている」と話した。「最初の起債は1回限りになるかもしれないが、その後債券発行計画をスタートさせる。最終的には2017年までに国際市場から借り入れるプログラムを持つことになる」と語った。

原題:Saudi Arabia Plans International Bond Sale as Early as September(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE