ブラジル株上昇:ボベスパ指数が上げ拡大-鉄鉱石高でヴァーレが上昇

1日のブラジル株式市場では、指標のボベスパ指数が上昇し、週間ベースの上げを拡大した。鉄鉱石生産のヴァーレが鉄鉱石価格の上昇を好感して値上がりしたほか、鉄鋼メーカーのジェルダウも押し上げられた。

  10の産業グループのうち、素材メーカーは3番目の好パフォーマンスとなった。規制当局が今年の薬価の12.5%値上げを承認したしたことで、小売り薬局チェーンのブラジル・ファーマが上昇。ヴァーレ株主の一角であるブラデスパルは4カ月ぶりの高値を付けた。

  鉄鉱石価格は中国の製造業の見通し改善を示すデータ発表を受けて上昇。ブラジル最大の貿易相手国である中国で、財政・金融両面の景気刺激策が効果を発揮していることが示唆された。ボベスパ指数は3月に17%上昇。ルセフ大統領が弾劾を回避することはできないとの観測が強まったことが押し上げ要因となった。

  ボベスパ指数は前日比1%高の50561.53で取引を終えた。61銘柄中47銘柄が上昇。ジェルダウは7.4%高、ヴァーレが4.3%高。ブラデスパルは6%高で、ブラジル・ファーマは1.1%の上昇。

原題:Brazilian Stocks Advance as Vale, CSN Gain on Iron Ore Prices(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE