米自動車販売:3月はGMなどが予想下回る伸び、トヨタは減少

更新日時

自動車メーカー各社が1日発表した3月の販売統計によれば、米3社の伸びはアナリスト予想を下回り、トヨタ自動車は予想外に減少した。ここ数年、景気をけん引してきた自動車販売の強い伸びに陰りが見え始めている。

  調査会社オートデータによると、3月の米自動車販売は季節調整後の年率ベースで1660万台と、13カ月ぶりの低水準。アナリストの予想平均値では1730万台だった。

  一部自動車メーカーは販売奨励策にこれまで以上に資金を投入し始め、より長期のローンを提供している。自動車メーカーの経営陣が活発な需要をもはや見込んでいないことは明らかだ。自動車業界全体は、絶好調ではないものの安定した成長を続けている景気動向に一致している。

  ブルームバーグ・インテリジェンスの自動車アナリスト、ケビン・タイナン氏は販売統計について、「2015年が過去最高の1年で、消費者需要について言えばピークをつけ始めた段階にあるのかもしれない」と述べた。

原題:Automakers Miss March Sales in Sign Rapid-Growth Era Nears End(抜粋)

(第2段落に業界の販売台数を加えます。.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE