3月の米雇用者:21.5万人増、賃金も伸びる-失業率は5%に上昇

  • 平均時給は前月比0.3%増と市場予想を上回る伸び
  • 失業率はやや上昇-労働力人口に復帰した人が増える

米国では3月に雇用者数が増加し、賃金も増えた。
 
  米労働省が1日発表した3月の非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は前月比21万5000人増。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は20万5000人増だった。前月は24万5000人増(速報値24万2000人増)に修正された。

  3月の平均時給は前月比0.3%増となった。前月はマイナス0.1%だった。前年同月比では2.3%増。

  一方で家計調査に基づく3月の失業率は5%と、前月の4.9%から上昇。労働力人口に復帰した人が増えたことが背景にある。

  ジェフリーズのチーフ金融エコノミスト、ウォード・マッカーシー氏は「厳しい局面もいくらかあったが、多くの雇用を生み出し続けている」と指摘。「消費者主導の経済では、そうした状況により正しい方向に進み続けることができる」と加えた。

  雇用者数を業種別に見ると、建設業が3万7000人増と3カ月ぶりの大幅な伸び。気温が高めだったことも影響した可能性がある。一方で製造業は2万9000人減少した。

  労働力人口への復帰について詳細を見ると、一部はパートタイムの職しか得られなかったことが分かる。経済的理由からパートタイムで勤務している人は13万5000人増えて612万人と、昨年8月以来の高水準。

  これにより、経済悪化でパートタイム就労を余儀なくされている労働者や職探しをあきらめた人などを含む広義の失業率は9.8%と、前月の9.7%から上昇した。

  労働参加率は63%に上昇し、2014年3月以来の高水準となった。  

  民間部門の週平均労働時間は前月から変わらずの34.4時間だった。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:Payrolls in U.S. Increased 215,000 in March as Wages Picked Up(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE