アジア・太平洋株式サマリー:上海総合が上昇-香港、インドは下げる

アジア・オセアニア各株式市場の動きは以下の通り。

【中国・香港株式市況】

  1日の中国株式相場は上昇。取引終了前の30分間で上げに転じた。中国の製造業を測る政府の指数が予想外に活動の拡大を示したことで経済に対する楽観的な見方が強まったほか、米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)による中国の格付け見通し引き下げを受け、相場下支えのため政府系資金が投じられたとの観測が広がった。

  上海総合指数は前日比0.2%高の3009.53で終了。一時は1.6%下げる場面もあった。中国国家統計局が1日発表した3月の製造業購買担当者指数(PMI)が50.2に上昇したことを受け、消費関連株やテクノロジーおよびニューエコノミー銘柄が売られ、エネルギー株や資源銘柄が買われた。CSI300指数は0.1%高。

  中信建投(国際)金融の香港在勤トレーダー、イエン・チウ氏は「ナショナル・チーム(国家隊)がまたも株式市場に介入し、上海総合指数を押し上げたとの臆測が出ている」と指摘した。

  上海石油加工(600688 CH)は8.8%高。武漢鋼鉄(600005 CH) が3.8%上げるなど、金属株も高い。中国アルミ(チャルコ、601600 CH)は2.3%値上がり。株価指数で大きなウエートを占めるため当局による買い支えの対象だと長くみられてきた中国工商銀行(601398 CH)とペトロチャイナ(中国石油、601857 CH)は上昇に転じた。

  香港市場では、前日に強気相場入りしたハンセン中国企業株(H株)指数が反落し、前日比1.8%安と、1週間ぶりの大幅な下げで終了。ハンセン指数は1.3%安で引けた。

(上海総合指数のグラフ:SHCOMP <Index> GP YTD)
(ハンセン指数のグラフ: HSI <INDEX> GPO)

【インド株式市況】

  1日のインド株式相場は下落。インド準備銀行(中央銀行)の政策決定会合を来週に控える中、世界株安の流れを引き継いだ。指標のS&P・BSEセンセックスは週間ベースで5週間ぶりに値下がりした。

  インド最大の携帯電話サービス企業、ブハルティ・エアテルはここ7カ月で最もきつい値下がり。トラクターメーカーのマヒンドラ・アンド・マヒンドラは過去2カ月で最長の6日続落となった。インド石油ガス公社(ONGC)とインドガス公社(GAIL)も売られた。タタ・コンサルタンシー・サービシズ(TCS)は7週間ぶり大幅安。

  センセックスは前日比0.3%安の25269.64で終了。騰落比率はほぼ2対3だった。インド準備銀は政策決定会合を5日に開催する。

(S&P・BSEセンセックスの動向: SENSEX <Index> GPO D)

【オーストラリア株式市況】

  S&P/ASX200指数は前日比1.6%安の4999.38。

(S&P/ASX200指数のグラフ: AS51 <INDEX> GP)

【韓国株式市況】

  韓国総合株価指数は前日比1.1%安の1973.57。

(韓国総合株価指数の日中価格グラフ: KOSPI <INDEX> GIP)

【台湾株式市況】

  加権指数は前日比1%安の8657.55。

(台湾加権指数のグラフ: TWSE <INDEX> GP D)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE