サウジアラビア、イランが加わる場合のみ生産水準維持-副皇太子

サウジアラビアのムハンマド副皇太子は、サウジはイランを含む主要産油国が加わる場合のみ生産水準を維持すると述べた。供給過剰となっている石油市場の安定化に向けて積極的な役割を果たすよう、競合する産油国に呼び掛けた格好だ。

  包括的核合意の履行に伴い経済制裁が解除されたことを受け、イランは生産を引き上げる方針をこれまで示している。

  ムハンマド副皇太子はブルームバーグとのインタビューに応じ、「全ての国が生産水準維持に合意すれば、われわれも応じる用意がある」と述べた上で、「生産引き上げを決定する国があれば、われわれに対するいかなる要求も拒否する」と語った。

  この発言は石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟の主要産油国が今月開く会合の結果に疑問を投げかける。サウジとカタール、ロシア、ベネズエラが1月の水準に生産を維持することで2月に合意したことを受け、4月17日に産油国会議が開かれる。

原題:Saudi Arabia Will Only Freeze Oil Production If Iran Joins Plan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE