サンタンデール銀:スペイン国内の支店網を再編-最大450店舗に影響

スペインの銀行最大手であるサンタンデール銀行は、国内の支店網を合理化するため年内に多数の店舗を閉鎖する計画だ。

  同行の3月31日付の社内文書によれば、最大450店舗が大型店舗に注力する「重点」プロセスの影響を受ける。同行の広報担当が内容を確認した。スペイン国内にある3467店舗の13%前後に相当する。大半の支店の行員は4人に満たないという。

  低金利による融資収入の圧迫とオンラインバンキングの利用度の高まりから、スペインの銀行各行は苦しい状況に置かれている。サンタンデールのスペイン部門は従業員2万4000人を抱え、同国での融資額はグループ全体の約5分の1を占める。

原題:Santander to Close Branches in Spain in Restructuring of Network(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE