米テスラが「モデル3」発表-価格3.5万ドルで大衆向け市場進出

  • モデル3は1回の充電で約346キロメートル走行可能
  • 初日の予約は11.5万台超、2017年の納車開始を確信とマスクCEO

電気自動車(EV)メーカー、米テスラ・モーターズのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)はカリフォルニア州で3月31日夜、新型セダン「モデル3」を発表した。同社が顧客基盤拡大と持続可能な収益性実現への期待をかけて投入するモデル3を予約しようと店舗前にはファンが長蛇の列をつくり、11万5000人余りが注文した。

  マスクCEO(44)は31日、カリフォルニア州ホーソーンにあるデザインスタジオの来場者らに対し、モデル3が1回の充電で約215マイル(約346キロメートル)走行可能と説明。1000ドルの予約金を払った顧客への納車を2017年に開始できると「かなり確信している」と語った。

  同CEOは基本モデルについて「3万5000ドル(約393万円)でこれより良い車、あるいはこれに近い車は買えないだろう。オプションを付けなくても実に良い車だ」と述べた。

  モデル3はテスラにとって、富裕層以外に顧客基盤を拡大しEVを自動車市場の重要部分に位置付ける計画の要となる。モデル3の開発に関わったJB・ストローベル最高技術責任者(CTO)やチーフデザイナーのフランツ・フォン・ホルツハウゼン氏は長年、同社の経営陣に名を連ねている。
  

原題:Musk Unveils Tesla’s $35,000 Model 3 in Push for Mass Market(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE