ファンドのアンカレッジ、クレジット統括グッドウィン氏退職-関係者

ヘッジファンド運営会社アンカレッジ・キャピタル・グループのクレジットトレーディング責任者スコット・グッドウィン氏が、同社を退職する。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  アンカレッジのマネーマネジャーだったグッドウィン氏は、単名のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場の流動性回復を目指す業界の取り組みで、中心的な役割を果たしていた。米銀シティグループで高利回り債・クレジットデリバティブ(金融派生商品)の責任者を務めた経験も持つ。

  ウェブサイトによれば、2003年に設立されたアンカレッジは、クレジットとスペシャルシチュエーションズ、流動性の低い投資ストラテジーを中心に投資を行う。同社の広報を担当するジョナサン・ガスサルター氏は、コメントを控えている。

原題:Anchorage Capital’s Goodwin Said to Be Leaving Hedge Fund (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE