JPモルガンとウェルズFは1MDB関連の記録保存を-米当局が要請

  • 不適切な送金に関連しているかもしれない記録の保存と提出を要請
  • ドイツ銀を含む3行は捜査対象ではなく、不正を追及されていない

JPモルガン・チェースとドイツ銀行、ウェルズ・ファーゴの3行は、マレーシアの政府系投資会社1マレーシア・デベロップメント(1MDB)からの不適切な送金に関連しているかもしれない記録の保持と提出を米当局から要請された。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  3行は捜査の対象ではなく、当局から不正を追及されてはいない。3行に先立ち他の金融機関も1MDBと関連する資金の流れを調査する米当局に協力していることを明らかにしている。

  事情に詳しい複数の関係者によれば、1MDBの65億ドル(約7300億円)の起債で引受業務に携わったゴールドマン・サックス・グループは司法省の情報収集に協力している。ゴールドマンが不正に関与した兆候はないという。同行はコメントを控えている。スイスのプライベートバンク、BSIは、シンガポール部門が1MDBと関連組織の口座を取り扱ったため各国監督当局に協力していると説明している。

  事情に詳しい関係者によると、JPモルガンとドイツ銀行、ウェルズ・ファーゴは1MDBと関連組織のための送金を手助けしたという。3行の広報担当はコメントを控えている。
  
原題:JPMorgan, Wells Fargo Asked by U.S. to Save Records Tied to 1MDB(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE