ユナイテッド・テク製造のF35エンジン、品質問題頻発-米国防総省

  • F35戦闘機に関する最新の報告書をブルームバーグが入手
  • 機体から一部ハードウエアを取り除く整備作業が必要となったことも

米ユナイテッド・テクノロジーズ(UTX) によるF35戦闘機向けエンジンの製造実績は「繰り返し起きる製造品質問題」を伴っていると、米国防総省がF35プログラムに関する年次報告書で指摘した。

  国防総省が議会に送付したF35に関する最新の選定品目調達報告書をブルームバーグ・ニュースが入手した。それによれば、UTXのプラット・アンド・ホイットニー部門は昨年、エンジンの納品目標を達成したものの、タービン翼と電子制御システムの品質が基準に届かず、「稼働中のF35の機体から、不具合の可能性がある一部ハードウエアを取り除く整備作業が必要になった」という。

  また同報告書によると、プラット・アンド・ホイットニー部門は「製造工程での品質監視を改善する措置を講じた」。

  同部門はF35エンジンを製造する唯一のメーカー。同報告書は国防総省の調達担当者がF35プログラム部署の協力を得て作成した。

原題:United Technologies’ F-35 Engines Found to Have Recurring Flaws(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE