中国の安邦保険集団が率いるグループは、米スターウッド・ホテルズ&リゾーツ・ワールドワイドに対する140億ドル(約1兆5800億円)の買収提案を撤回した。同グループの突然の撤退によって3週間続いた買収合戦が決着し、米マリオット・インターナショナルによるスターウッド買収に道が開かれる。

  安邦保険率いるグループは31日の発表資料で、「市場情勢の考慮」の結果、買収を進めない判断に達したと説明した。JCフラワーズ、プリマベーラ・キャピタル・グループと組む安邦保険は先週末、1株当たり82.75ドルを支払う拘束力のない案を提示し、正式合意に向けスターウッドと協議していた。

  安邦保険は発表資料で、「評価が高く、世界有数のホテルブランドであることから、スターウッドが提供した機会にわれわれは魅力を感じた。長期的に安定した利益を得られるなど、われわれの買収基準の多くを満たしていた」とした上で、「しかし、市場情勢をいろいろと考慮した結果、コンソーシアムは買収をこれ以上進めないことを決めた」と説明した。

  安邦保険は3週間前に買収案を提示。この時も市場を驚かせていた。マリオットは昨年11月にスターウッド買収で合意していたが、買収合戦に巻き込まれることとなった。安邦保険の撤退により、マリオットはスターウッド買収に近づいた。買収が実現すれば、「シェラトン」「ウェスティン」などの高級ホテルを加えた世界最大のホテル企業が誕生する。

  不動産関連プライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社シギュラー・ガフのマネジングディレクター、ジェームズ・コール氏は「これはショックだ」とし、「結局のところ、規制リスクが原因だと私は推測する」と述べた。

  英紙フィナンシャル・タイムズは31日、安邦保険が直近の提案の裏付けとなる資金調達を示せなかったと伝えた。

  スターウッドの株主は4月8日にマリオットからの買収提案について投票を行う予定。3月31日の終値に基づくと、マリオットの買収提案は総額132億ドル(1株当たり77.94ドル)となる。

  マリオットによる買収が承認された場合、買収が完了するのは今年半ばと見込まれており、世界5700カ所のホテルの総客室数は約110万室となる見込み。そのうち約35%は米国外となる。

原題:Anbang Abruptly Pulls Starwood Offer, Clearing Path for Marriott(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE