米GE、「大き過ぎてつぶせない」機関認定の取り消しを当局に申請

米複合企業ゼネラル・エレクトリック(GE)は「大き過ぎてつぶせない」金融機関としての認定を取り消すよう米規制当局に申請した。同社最高経営責任者(CEO)のジェフリー・イメルト氏は1年前、金融事業の大半を手放す決意を明らかにしている。

  認定が無効となれば、GEにとって巨額の資本が自由に使え、厳しい監督を逃れられると同時に、業務の抜本的改革を強化できるようになる。イメルトCEOはすでに、前任者ジャック・ウェルチ氏の下で築かれた銀行事業のほぼ全部門を手放し、重機製造事業に経営資源を集中させる姿勢を新たにしている。

  GEはシステム上重要な金融機関(SIFI)としての認定取り消しを、31日に米金融安定監督評議会(FSOC)に申請した。年内に結果が出ると期待しているという。

原題:GE Seeks Escape From Too-Big-to-Fail Tag as Revamp Nears End (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE