中国農業銀行:15年増益率は10年ぶり低水準、不良債権膨らみ利益圧迫

中国3位の銀行、中国農業銀行の増益率は10年ぶりの低さとなった。不良債権が膨らみ、利益を圧迫した。

  同行が31日に香港証券取引所に提出した決算報告によると、2015年通期純利益は1806億元(約3兆1400億円)。前年比で0.6%増にとどまった。ブルームバーグがまとめたアナリスト22人の予想平均は1795億元だった。

  不良債権は15年に前年比70%増の2129億元に拡大した。

原題:Agricultural Bank’s Profit Growth Falters as Bad Loans Surge (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE