米医薬品メディべーション、買収阻止のためアドバイザー起用-関係者

  • 買い手候補から打診を受けた後、バンカーと防衛策に取り組んでいる
  • 現時点では身売りを計画していない

米医薬品メーカーのメディべーションは、買い手候補から予備的な打診を受けた後、買収阻止に向けアドバイザーを起用している。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  匿名を条件に語った同関係者によると、治癒困難ながんの治療に重点を置くメディべーションは、現時点では身売りを計画していない。同社の時価総額は約60億ドル(約6750億円)。

  他の関係者によれば、希少疾病治療分野での買収を模索しているフランスの製薬会社サノフィは、メディべーションを買収候補の一つに挙げている。複数のバンカーがサノフィにメディべーションを売り込んでいるが、サノフィが買収提案を行うかどうかは引き続き不透明だという。

  メディべーションとサノフィの担当者はコメントを控えた。

原題:Medivation Said to Work With Advisers to Defend Against Takeover(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE