欧州マーケットサマリー:株と債券、四半期で明暗分かれる

更新日時

欧州の為替・株式・債券・商品相場は次の 通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.1384   1.1338
ドル/円            112.50   112.43
ユーロ/円          128.07   127.47


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  337.54     -3.64    -1.1%
英FT100     6,174.90   -28.27     -.5%
独DAX      9,965.51   -81.10     -.8%
仏CAC40    4,385.06   -59.36    -1.3%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .49%        +.00
独国債10年物     .15%        .00
英国債10年物     1.42%       -.02


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,237.00     +.75     +.06%
原油 北海ブレント         40.16      +.11     +.27%

◎欧州株:1-3月としては09年以来の大幅下落、銀行が売り浴びる

31日の欧州株式相場は下落。四半期ベースでは過去4四半期で3回 目の下げとなり、1-3月期としては金融危機以降で最悪のパフォーマ ンスを記録した。

指標のストックス欧州600指数は前日比1.1%安の337.54で取引を終 了。月初来上昇率は1.1%に縮まった。14日までの5週間で14%上げた ものの、その後は伸び悩み、年初来では7.7%安。1-3月(第1四半 期)としては、2009年以来の大幅下落となっている。業種別19指数のう ち1指数を除いて全てが下げた。

バンクハウス・ランプ(デュッセルドルフ)のストラテジスト、ラ ルフ・ツィマーマン氏は「ひどい四半期が続いた後は相場は反発する傾 向にあるが、私はどちらかと言えば慎重派だ」と指摘。「相場は数週間 にわたりどっちつかずの状態にある。投資には一段の経済成長や業績改 善が必要だが、マクロ経済データもまだ加速していない。現在のような 成熟した株式環境では、ボラティリティが高くリターンは低くなりがち だ」と語った。

ユーロ圏の株価下落に備えたオプションの費用に連動するVストッ クス指数は今年に入って上昇しており、この日は3.6%上げた。

1-3月でみると、業種別で最も下げたのは銀行株。低金利が収益 に影響を及ぼすとの懸念から売りを浴びた。これを背景に、西欧の主要 株価指数の中ではイタリアのFTSE・MIB指数とスイスのSMI指 数が特に大きく下げた。英FTSE100指数はわずか1.1%の下げにとど まり、域内で最も小さな下げ幅となった。資源銘柄は反発して9%高 と、業種別指数の中で唯一プラスを記録した。

原題:Banks Lead Europe Stocks Lower in Worst Start to Year Since 2009(抜粋)

◎欧州債:ドイツ国債、四半期ベースで急伸-危機以来の大幅上昇

31日の欧州債市場ではドイツ国債が前日からほぼ変わらずだったも のの、四半期ベースではユーロ存続をめぐる危機感が高まった時以来の 好パフォーマンスとなった。

ユーロ圏分裂をめぐる議論は今やほぼないが、別の理由からドイツ 国債に安全を求める動きが続いている。この日発表された3月の域内イ ンフレ率は2カ月連続でマイナスとなり、欧州中央銀行(ECB)の流 動性供給策が思うように景気を押し上げることができていない兆しを示 した。

ECBの支援策それ自体は需要を生み出している。ECBが10日の 会合で主要金利全てを引き下げ、資産の月間購入額を200億ユーロ拡大 するなどの政策パッケージを発表して以来、とりわけスペインやイタリ アなど比較的利回りの高い国債は上げ基調にある。

DZバンク(フランクフルト)の主席市場ストラテジスト、ダニエ ル・レンツ氏は、欧州債は「概して1-3月(第1四半期)に好調だっ た」とし、「ECBの利下げ決定が周辺国債の上昇を誘発した」と語っ た。

ドイツ10年債利回りは年初来で47ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)低下。これは四半期ベースで2011年7-9月(第3四半期) 以来の大きな下げだ。

ロンドン時間午後4時11分現在、ドイツ10年債利回りは前日比ほぼ 変わらずの0.16%。同国債(表面利率0.5%、2026年2月償還)価格 は103.335。この日はユーロ圏の消費者物価統計が発表されたほか、2 月のドイツ小売売上高が予想に反して低下した。

ユーロ圏全体の国債の今年に入ってからのリターンはプラス3.4% と、ECBが量的緩和(QE)を開始したばかりだった前年同期以来の 大きさとなっている。

原題:Last Time German Bonds Did This Well the Euro Area Was in Crisis(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE