米AIGのモーゲージ保証部門がIPO申請-NY証取への上場計画

  • 調達される資金はユナイテッド・ギャランティには入らず
  • AIGはモーゲージ保証事業から全面的に撤退する方針

米保険会社アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)傘下のモーゲージ保証会社ユナイテッド・ギャランティが新規株式公開(IPO)を申請した。AIGに対してはアクティビスト(物言う株主)から会社分割を求める圧力が続いている。

  手数料計算の目的で申請書類に記載されたIPOの額は1億ドル(約112億円)だが、これは今後変わる公算が大きい。調達される資金はユナイテッド・ギャランティには入らない。JPモルガン・チェースとモルガン・スタンレーが共同グローバルコーディネーターを務める。

  AIGはカール・アイカーン氏やジョン・ポールソン氏からより抜本的な会社分割を目指すよう圧力を受けており、ピーター・ハンコック最高経営責任者(CEO)は既にモーゲージ保証事業から全面的に撤退する方針を示していた。同社は1月にユナイテッド・ギャランティの株式最大19.9%をIPOを通じて売却する計画を発表。同事業からの完全撤退に向けた一歩だと説明していた。

  ユナイテッド・ギャランティはモーゲージ保証で米国最大手。ブルームバーグ・インテリジェンスによると市場シェアで業界2位のラディアン・グループは、資本規制の強化と競争の激化で株価が年初来で8%下落している。

  ユナイテッド・ギャランティはニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場する計画。

原題:AIG Mortgage Unit Files for IPO With JPMorgan, Morgan Stanley(2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE