米メットライフの「大き過ぎてつぶせない」機関認定、裁判所が否決

  • 認定否決の理由は開示されていない
  • ニューヨーク株式市場でメットライフの株価が急伸

米生保最大手のメットライフは同社を「大き過ぎてつぶせない」金融機関に認定した米当局の決定を不服として起こした裁判で、この認定を覆す判断を勝ち取った。認定は同社を一段と厳格な政府の監視下に置き、準備金の積み増しを強いることになっていた。

  ワシントンの連邦裁判所判事は30日、メットライフをシステム上重要な金融機関(SIFI)に認定した米金融安定監督評議会(FSOC)の論理的根拠を退け、この認定を無効とした。判断の理由は開示されていない。

  メットライフはSIFI認定について、恣意的で正当化されないと主張していた。

原題:MetLife Defeats U.S. Government’s Too-Big-to-Fail Labeling (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE