NY外為:ドル下落-米利上げペースがさらに遅くなるとの観測で

更新日時

30日のニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。対ユーロでは5カ月ぶり安値となった。米金融当局が世界経済の減速による向かい風を考慮し、より遅いペースで利上げを進めるとの観測が広がった。

  ドル指数はこのままいけば四半期ベースでは2010年以降で最大の下げとなる。米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は29日、金融当局が利上げを「慎重に進める」ことは適切だと指摘した。ドルは3月に入り、主要31通貨全てに対して下落。ロシア・ルーブルやブラジル・レアルが特に対ドルで値上がりしており、新興市場通貨は月間ベースで18年ぶりの大幅高の勢いとなっている。

  BNPパリバの為替戦略担当グローバル責任者、スティーブン・セイウェル氏(ロンドン在勤)は「ドルは過大評価されている。ユーロや円といった主要通貨に対しては特にそうだ」と指摘。「ユーロは対ドルで上昇が続くだろう」と述べた。BNPはドルが今月末までに1ユーロ=1.14ドル、6月末には1.16ドルに下落すると予想している。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルはユーロに対し前日比0.4%安の1ユーロ=1.1338ドル。終値ベースで昨年10月21日以来の安値となった。対円では0.2%下げて1ドル=112円43銭。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.4%低下。今四半期はこれまで約4%低下と、2010年7-9月(第3四半期)以降で最大の下げとなっている。

  ブルームバーグのドル指数は過去3日間の下落で、先週1週間の上昇分を消してさらに下げた。先週はセントルイス連銀のブラード総裁やサンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁が、4月にも利上げが実施される可能性があるとの認識を示していた。

  イエレンFRB議長の29日の講演以降、先物トレーダーらが織り込む4月の利上げ確率はゼロに低下。6月利上げの確率も、1週間前の46%から20%に下げている。この算出は、次の利上げ後に実効フェデラルファンド(FF)金利が新しい目標レンジの中央になるとの仮定に基づく。

  給与明細書作成代行会社のADPリサーチ・インスティテュートがこの日発表した給与名簿に基づく集計調査によると、3月の米民間部門の雇用者数は20万人増加した。

  バンク・オブ・ノバスコシアのチーフ為替ストラテジスト、ショーン・オズボーン氏は「今年に入って以降のドルは総じて守勢に立たされている」と指摘。「ドルが明るい数字に反応するためのハードルは極めて高くなっている」と続けた。

原題:Dollar Falls to Five-Month Low on Slower Fed Rate Path Outlook(抜粋)

(第6段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE