独SAP:マクダーモットCEO、昨年の報酬は約11.8億円-大幅増額

  • 報酬額は14年の809万ユーロから約120万ユーロ増
  • 独優良企業CEOの平均の2倍近い水準

ドイツの企業向けソフトウエア会社SAPのビル・マクダーモット最高経営責任者(CEO)の昨年の報酬は大幅に引き上げられ、独優良企業CEOの平均の2倍近くとなった。クラウドコンピューティングやソフトウエアのライセンス販売拡大に貢献したことが評価された。

  29日公表された同社の年次報告書によると、マクダーモットCEOの昨年の報酬は928万ユーロ(約11億8000万円)と、2014年の809万ユーロから約120万ユーロ増額された。

  これはドイツのDAX指数を構成する30社のCEOで昨年の報酬額が最高だったダイムラーのディーター・ツェッチェCEOの968万ユーロをやや下回る水準。リスク管理や人事関連サービスを企業に提供するウイリス・タワーズワトソンが14日に公表した報告書によると、既に決算を発表した指数構成21企業のCEOの15年報酬平均は490万ユーロだった。

  SAPの年次報告書によると、幹部のボーナスはクラウドやソフトウエアのライセンス収入の伸び目標などに連動している。同社の昨年の営業利益率は前年比で低下したものの、クラウド・ソフトウエア関連収入は約12%増加した。

原題:SAP Chief McDermott’s Pay Surpasses $10 Million After Cloud Push(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE