中国、電気バス向け補助金の削減検討-関係者

  • 提案では電気バス向け販売奨励金が最大49.5%削減される
  • 提案は複数の省庁が検討中で、国務院の承認必要

中国は電気バス向け補助金を減らし、販売奨励金の対象となる電気乗用車の価格に上限を設定することを提案している。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  協議が非公開として匿名を条件に語った同関係者によると、提案では電気バスを対象とする販売奨励金が平均32%減額され、最も大型モデル向けは最大49.5%減らされる。また、価格が35万元(約610万円)を超える電気乗用車は政府の補助金の対象外となる。関係者によると、提案は複数の省庁が検討中で、国務院の承認が必要となる。

  昨年の中国の電気自動車(EV)販売は3倍余り増加し33万1000台となった。今回の提案がこのまま承認されれば、電気自動車の売り上げに打撃を与える可能性がある。

  工業情報省にファクスでコメントを要請したが、これまで回答は得られていない。

原題:China Said to Consider Cutting Subsidies for Electric Buses (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE