UBS、クレディSの資産運用責任者ハーシュバーガー氏を採用へ

スイス最大の銀行UBSグループは、同2位クレディ・スイス・グループのマネジングディレクターで、資産運用バンキングのグローバル責任者を務めるヨーゼフ・ハーシュバーガー氏を近く採用する。ブルームバーグが入手した行内文書の内容をUBSの担当者が確認した。

  文書によれば、ハーシュバーガー氏は資産運用が中心の金融機関部門の副会長としてUBSに入行する。同氏はニューヨークを拠点に4-6月(第2四半期)から勤務を開始する。

  ブルームバーグが29日に入手し、担当者が内容を確認したクレディ・スイスの別の文書によると、金融機関グループのグローバル資産運用責任者に任命されたハミッシュ・サマーフィールド氏が、ハーシュバーガー氏の後任に就く。2007年に入行し、現在は欧州・中東・アフリカの資産運用責任者を務めるサマーフィールド氏は、ロンドンからニューヨークに異動する。

原題:UBS Hires Credit Suisse’s Hershberger for Asset Management (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE