中国石油化工:2015年利益、市場予想上回る-製油で悪影響をカバー

アジア最大の製油会社、中国石油化工(SINOPEC)の2015年通期決算はアナリスト予想を上回る内容となった。エネルギー値下がりによる悪影響を製油事業の利益でカバーした。

  上海証券取引所への届け出によると、通期純利益は324億元(約5660億円)と、前年の465億元から30%減少。ブルームバーグがまとめたアナリスト19人の予想は299億7000万元だった。売上高は29%減の2兆200億元。

  石油・ガス生産会社は価格急落の影響を受けたものの、製油業者は原油安による利益率改善の恩恵も得た。 この製油の利益によってSINOPECは、石油・ガス生産で競合するペトロチャイナ(中国石油)や中国海洋石油(CNOOC)のような利益急減を免れた。両社の純利益は少なくとも66%落ち込んだ。

原題:Sinopec Profit Exceeds Estimates as Refining Buffers Oil Plunge(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE