かんぽ生命と第一生命:ベトナム生保販売、資産運用で業務提携

更新日時

かんぽ生命保険と第一生命保険は29日、海外での生命保険販売、資産運用業務などで提携すると発表した。実現に向けた人材交流や、協力関係の構築に向けて継続的に検討していく方針だ。

  発表資料によると、かんぽ生命が第一生命のベトナム子会社に出資し、同子会社がベトナム郵便会社を委託先とする保険販売を支援する。また、第一生命が出資する資産運用会社、DIAMアセットマネジメントと米ジャナス・キャピタル・グループの共同利用やプロジェクトファイナンスなどで共同投融資を検討。かんぽ生命が資産管理業務を委託している資産管理サービス信託銀行の株式の一部を第一生命から取得する方向で協議する。

  第一生命の川島貴志専務執行役員によると、かんぽ生命の資金数千億円をDIAMなどで運用するほか、共同でインフラファンド案件に100億円規模の投資を行う。

  かんぽ生命の石井雅実社長は29日の記者会見で、「今回の提携は排他的ではない」とし、千田哲也常務執行役も「資本提携は視野に入れていない」と述べた。かんぽ生命は日本生命保険とがん保険を開発してきたが、同常務は「中止して、関係は終了している」と述べ、第一生命との提携に支障はないとの考えを示した。

  このほかに品質向上とコスト削減を目的に、国内での新商品の開発やIT技術の利活用を共同研究するという。

(第3、4段落を追加して更新しました.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE