新興市場債に投資家が殺到、米利上げ見通し下方修正で-チャート

  15、16日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げ見通しが下方修正された後、高リスク資産への投資意欲が高まり、投資家が新興市場債に殺到した。EPFRグローバルのデータによると、個人・機関投資家からの資金流入は23日までの5営業日に14億1000万ドル(約1600億円)と、2014年6月以降で最大となった。

原題:Fed Triggers Biggest Rush Since 2014 Into Emerging Bonds: Chart (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE