クレディS:リテールバンキング部門にラザードのコーエン氏を採用

  • コーエン氏は副会長に就任し、直属の上司はウェルター氏
  • 投資銀行縮小を進める中でリテールのカバレッジは拡大

クレディ・スイス・グループはラザードのジェフリー・コーエン氏を採用した。同行は小売り・消費者製品業界の投資銀行事業拡大を目指している。

  同行の社員宛てメモによると、コーエン氏(52)はニューヨーク在勤の副会長に就任し、リテール・コンシューマープロダクツ部門のグローバル責任者、ジェンズ・ウェルター氏が直属の上司となる。ブルームバーグが28日にメモのコピーを入手した。コーエン氏は2009年にUBSグループからラザードに移籍し、ここ最近はリテール部門のグローバル責任者を務めていた。

  クレディ・スイスは投資銀行部門でトレーディング業務の一段の縮小を図り、縮小ペースを加速させる計画だが、リテールプロダクトバンキングや資本市場事業は拡大しつつある。

  メモによると、コーエン氏はドラッグストアチェーンの米ウォルグリーンと英アライアンス・ブーツの合併のほか、昨年のオランダの小売りロイヤル・アホルドによるベルギーのデレーズ・グループ買収などを手掛けた経験を持つ。

  ラザードの広報担当者に電子メールでコメントを求めたが、今のところ応答はない。

原題:Credit Suisse Hires Lazard’s Cohen for Retail Banking Deals (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE