NYプラザホテルの競売中止、借り手に時間的猶予与える-関係者

  • 4月26日に差し押さえ物件競売が予定されていた
  • 過半数所有者のサハラ・インディアは昨年債務不履行に

来月予定されていたニューヨーク・マンハッタンのプラザホテルの競売は中止となった。事情の詳しい関係者1人によると、同ホテルを売却して融資を返済するのにさらなる時間を借り手に与えることで抵当権の保有者が合意した。

The Plaza Hotel

Photographer: Jonathan Fickies/Bloomberg

  5つ星評価のプラザホテルの抵当権は資産家のデービッド・ルーベン、サイモン・ルーベン兄弟が保有しており、4月26日に差し押さえ物件競売が予定されていた。情報は非公開だとして同関係者が匿名で明らかにした。現在の過半数所有者であるインドのサハラ・インディア・パリワールが昨年デフォルト(債務不履行)に陥った後、ルーベン兄弟は中国銀行から抵当権を買い取っていた。サハラを支配するスブラタ・ロイ氏は2014年に投資家に対する詐欺罪でインドで収監された。

  ルーベン兄弟の広報担当者に電子メールでコメントを求めたが返答はない。

原題:Plaza Hotel Auction Said Canceled as Lenders Grant an Extension(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE