ロマネ・コンティが香港オークションをけん引-ブルゴーニュ産に需要

  • モンラッシェ2005年DRC、香港開催のオークションで500万円超え
  • オークションはシンガポールと北京、上海、東京に同時放送

ブルゴーニュ産高級ワインの需要は根強く、アッカー・メラル・アンド・コンディットが今月、香港で開いたオークションでは「モンラッシェ2005年ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ(DRC)」(約6リットル入り)1本が37万500香港ドル(約540万円)で落札された。1995年DRC12本には27万1700香港ドルの値が付いた。

  アッカーが電子メールで送付した資料によれば、ロマネ・コンティ2004年3本、ボルドー産シャトー・ラフィット・ロートシルト1982年12本はそれぞれ24万7000香港ドル、エシェゾー1971年DRC12本は17万7840香港ドルで売却された。

ブルゴーニュ地方にあるロマネ・コンティのブドウ畑

Source: Guy Collins/Bloomberg.

  ボルドー産ワインが値下がりしコレクターらの関心が米カリフォルニア州や北イタリアなどの地域で生産されたワインに移る中、ここ数年、ロマネ・コンティをはじめとするブルゴーニュ産の年代物高級ビンテージワインが市場をけん引してきた。ボルドー産ワインの最近の値上がりは買い手意欲が再び広がりつつあることを示唆しているが、年代物ブルゴーニュ産ワインの需要は引き続き特に堅調だ。

  アッカーのジョン・カポン最高経営責任者(CEO)は資料で「アジアのコレクターが依然としてあらゆるワインを落札している。アジアの潜在力はなお計り知れない」と指摘した。

  19日のオークションはシンガポールと北京、上海、東京に向けて同時放送された。

原題:Romanee Conti Drives Acker Asian Sale Amid Demand for Burgundy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE