【個別銘柄】政策期待で育児関連高い、ペプチD急伸、野村不HD下落

更新日時

28日の日本株市場で、株価変動材料のあった銘柄の終値は次の通り。

  子育て関連株:政府は29日の2016年度予算案成立を踏まえ、待機児童の解消や消費刺激策を柱とする経済対策の検討に入る、と27日付日本経済新聞朝刊が報道した。国から助成金を受け取れる企業内保育所の対象拡大や、2歳までの子どもを預かるミニ保育所の定員拡充などを想定しているという。幼児活動研究所(2152)は前営業日比7.9%高の956円、JPホールディングス(2749)は6.2%高の360円、サクセスホールディングス(6065)は4.7%高の1447円など。

  ペプチドリーム(4587):12%高の6690円。旭化成ファーマと創薬標的タンパク質に対し特殊環状ペプチドを創製する創薬研究開発契約を締結した、と28日午前に発表した。エース経済研究所の池野智彦シニアアナリストは、今期の新規開発契約先2件以上という計画をすでに上回ったことを挙げ、欧米だけでなく国内でも注目する企業が増えグローバルに評価されていると電話取材で述べた。

  野村不動産ホールディングス(3231):2.5%安の2065円。みずほ証券は25日付で目標株価を2700円から2300円に引き下げた。不動産市場でのボラティリティの高まりを反映し、今後の開発案件分のNAV算定で建築費の前提引き上げなどを織り込んだ。16年3月期の連結営業利益予想は778億円から769億円に下方修正した。

  百貨店株:高島屋(8233)は5.2%高の968円、J.フロント リテイリング(3086)は4.7%高の1514円、三越伊勢丹ホールディングス(3099)は3%高の1363円など。安倍晋三首相は消費喚起を狙った経済対策を伊勢志摩サミット前に策定する、と27日付の日本経済新聞朝刊が報道した。景気状況によって消費増税再延期も視野に入れているという。 丸三証券の服部誠執行役員は、消費増税先送り観測に刺激されたようだとの見方を示したうえで、経済対策に訪日外国人の消費喚起策などが盛り込まれるとの期待もあると電話取材で述べた。

  ノーリツ鋼機(7744):80円(17%)高の546円でストップ高。子会社の日本再生医療が開発を進めている「自家心臓内幹細胞」が厚生労働省から先駆け審査指定制度の対象品目に指定された、と25日発表した。同社はまた、子会社が胎児DNA検査サービスのGeneTech社の議決権の64.7%を取得することも発表、重点投資領域の一つとするバイオ領域への進出を一段と進める。
  
  クックパッド(2193):1.9%安の1805円。ドイツ証券は28日付で投資判断を「買い」から「ホールド」に引き下げた。新役員体制における穐田誉輝執行役の管掌分野の見直しは、現時点で中期成長に対する不透明につながると指摘。佐野陽光氏と岩田林平氏の手腕に期待するものの前提条件が変化、方向性を見極めたいとしている。

  テクノスジャパン(3666):6.9%高の3580円。4月末の株主を対象に1株を2株に分割すると25日に発表した。流動性を高めるとともに、投資家層のさらなる拡大を図る。

  リンテック(7966):4.6%安の2012円。SMBC日興証券は25日付で目標株価を2800円から2250円に引き下げた。円高進展を主因に2017年3月期の連結営業利益を同証今期予想比2.9%減の170億円と200億円から下方修正、一転して小幅な減益を見込む。

  シャープ(6753):4%高の131円。台湾の鴻海精密工業による買収について、26日付の日本経済新聞朝刊は、両社が大筋合意し、30日にそれぞれ取締役会を開いて買収条件の見直しを決め、31日に契約締結を目指すなどと報じた。

  マーベラス(7844):3.2%安の970円。16年3月期の連結営業利益予想を60億円から54億円に下方修正した、と25日に発表。オンライン事業で、新規タイトルのサービス開始時期が遅れたことや既存タイトルの一部が想定を下回ったことが響く。

  そーせいグループ(4565):11%高の1万7640円。今秋にも東証1部へ市場変更を申請する方針と26日付の日本経済新聞が報道した。同社株式の約7割を個人が保有する中、機関投資家など株主層を広げるのが狙いという。

  五洋インテックス(7519):11%安の108円。16年3月期の連結純損益予想を2000万円の黒字から9000万円の赤字に下方修正した、と25日に発表。見本帳「インハウス」の新柄追加に伴う販売促進費用の増加などが響く。

  東光高岳(6617):4.2%高の1515円。16年3月期の連結営業利益予想を17億円から21億円に上方修正した、と25日発表。経費削減などが寄与した。
  
  アイ・エス・ビー(9702):8.3%高の810円。IoTシステム構築を支援するプログラム「IoTトータルコーディネート」のサービスを開始した、と25日発表した。IoT/M2Mソリューションで培った技術を活用し、コンサルティングから開発、運用まで提供する。

  インフォテリア(3853):14%高の1366円。米ソフトウエア企業のCData Software(本社:カリフォルニア)と事業提携する、と28日午前に発表した。同社がCDataの製品をOEM(相手先ブランドによる生産)し、業務の自動化を支援するデータ連携ミドルウエア「ASTERIA WARP」のオプション製品として日本国内で発売するほか、共同出資会社CData Software Japanを設立する。
  
  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE