第4四半期米GDP1.4%増に上方修正、企業利益は7年ぶり大幅減

更新日時

昨年10-12月(第4四半期)の米実質国内総 生産(GDP)確定値は、改定値から上方修正された。個人消費支出が サービスを中心に上方修正されたことが寄与した。

米商務省が25日発表した第4四半期の実質GDP(季節調整済み、 年率)確定値は前期比1.4%増と、改定値の1%増から上方修正され た。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は1%増だっ た。7-9月(第3四半期)は2%増。

GDP統計に含まれる2015年の企業利益は7年ぶりの大幅な落ち込 みを示した。

PNCファイナンシャル・サービシズ・グループのエコノミスト、 ガス・ファウチャー氏は「現在、世界経済をけん引しているのは米国の 個人消費だ」と指摘。同時に「ドル高が企業にとって圧力となってお り、労働コストを押し上げ、生産性の伸びを鈍化させている」と述べ た。

第4四半期のGDPは、2015年第1-3四半期の平均2.2%増から 減速した。15年通年では2.4%増と、14年と同じ伸びを示した。

GDPのほぼ7割を占める個人消費は2.4%増と、改定値の2%増 から上方修正。GDPへの寄与度は1.66ポイントとなった。

純輸出は0.14ポイントのマイナス寄与と、改定値のマイナス0.25ポ イントからマイナス寄与度が縮小した。輸出額は2.0%減と改定値 の2.7%減から修正。輸入額は改定値の0.6%減から0.7%減に修正さ れ、いずれも純輸出のマイナス寄与度縮小につながった。

一方、在庫投資は0.22ポイントのマイナス寄与となり、改定値のマ イナス0.14ポイントから下方修正された。

在庫と貿易を除く国内最終需要は1.7%増と、改定値の1.4%増から 上方修正された。

企業利益は税引き前ベースで前期比年率7.8%減と、11年第1四半 期以来の大幅な落ち込みとなった。第3四半期の企業利益は1.6%減だ った。

15年通年の企業利益は3.1%減と、08年以来の大幅なマイナス。生 産性の弱い伸びや労働コストの上昇、エネルギー価格の下落などが利益 を圧迫した。

ウェルズ・ファーゴ・セキュリティーズのシニアエコノミスト、サ ム・ブラード氏は調査リポートで、「利益が引き続き抑制されると、設 備投資や雇用の見通しにも圧力が掛かるだろう」と指摘した。

企業設備投資の機器項目は前期比年率2.1%減少し、改定値の1.8% 減から下方修正された。寄与度はマイナス0.12ポイント(改定値マイナ ス0.11ポイント)となった。

統計の詳細はをご覧ください。

原題:U.S. Economy Grew 1.4% in Fourth Quarter, Supported by Consumers(抜粋)

--取材協力:Kristy Scheuble.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE