米国株反発へ、国内経済は力強い-97兆円運用のTIAAリアリー氏

  • TIAAグローバルのリアリーCEOがインタビューで発言
  • 「株式相場が上昇する余地は大きいと思う」とリアリー氏

米経済の揺るぎない力強さを背景に米国株の反発を予想するのは、8540億ドル(約97兆円)相当を管理・運用するTIAAグローバル・アセット・マネジメントのロバート・リアリー最高経営責任者(CEO)だ。

  同CEOは24日のテレビインタビューで、「米経済は評価されているより力強く堅調であり、今年後半には若干上向くと確信している。S&P指数は以前の高値を上回る可能性があると実際に考えており、恐らく今年5-10%上げるだろう」と語った。

  S&P500種株価指数は中国経済の成長鈍化や商品価格下落に伴い、2014年終了時の水準を下回って推移している。米国がそのような圧力をうまく乗り切れる良い状態にあるとリアリーCEOは分析し、「リセッション(景気後退)が前途に待ち受けると考える向きがあることは承知している。だが全体的に見れば米経済のファンダメンタルは力強く、株式相場が上昇する余地は大きいと思う」と述べた。

  同CEOは、米国株が他の証券と比較して有望であることも楽観的な理由の一つだと発言。「人々にとって他の選択肢とは何だろうか。債券市場、特に短期金融市場のような場所に投資するメリットはそれほど大きくない」と指摘した。

原題:This $854 Billion Money Manager Sees Room for Stock Rally (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE