GPIFや3共済:日本株保有が過去2番目の規模、外国証券最大

更新日時

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)や公務員らが加入する共済年金は、日本株や外国証券の投資に対して依然として積極的であることが明らかになった。日本銀行が25日公表した昨年10-12月期の資金循環統計によると、日本株の保有額は過去2番目の規模に膨らんだ上、外国証券は最大を記録している。

  GPIFや国家公務員共済組合連合会(KKR)、地方公務員共済組合連合会、日本私立学校振興・共済事業団、年金特別会計などの「公的年金」は昨年10ー12月期に日本株を4611億円、海外の債券や株式を1兆3353億円買い越した。日本株の買い越しは2四半期連続で、保有残高は41兆7430億円と2四半期ぶりの増加だ。外国証券は7四半期連続の買い越しで、残高は2四半期ぶりに増え59兆5155億円と最高を更新した。

  国債・財融債は7044億円売り越した。売り越しは10四半期連続で、昨年末の保有残高は51兆8218億円と2004年9月末以来の水準に減少。国庫短期証券はほぼ横ばいだった。国債・財融債と国庫短期証券を合わせた「国債等」の残高1036兆円のうち、公的年金は全体の5%を保有し、構成比では3カ月前と変わらずだった。

  ブルームバーグの試算によると、GPIFの年金特別会計の分を含めた昨年末の積立金は全体で約141.9兆円。そのうち、国内債は約53.6兆円、国内株は約33.1兆円、外債は約19.2兆円、外株は約32.4兆円だった。国内債の構成比は37.76%と最低を更新。国内株の23.35%と外債の13.50%は過去2番目の高さ、外株は22.82%と最高を記録した。

  年明け以降は円高・株安が再燃したが、GPIFは長期的な収益確保のため、リスク資産への投資を続ける方針だ。GPIFと主要3共済は昨年3月に共同で策定した「モデルポートフォリオ」を公表した。昨年10月からはGPIFと運用を一元化し、利回り目標やリスク許容度などを共有している。

  昨年末の金融市場の指標では、新発10年物国債利回りが0.27%と9月末から8ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下。TOPIXは1547.30で上昇率が9.65%と13年1-3月期以来の大きさだった。MSCIコクサイ・インデックスは円換算で5.19%回復。米国債の10年物利回りは2.27%と23bp上げた。円の対ドル相場は1ドル=120円22銭と0.28%下落した。

(見出しを差し替え、第3段落以降を中心に情報を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE