米シティ:証券化市場部門のパーロウィッツ共同責任者が退職へ

米銀シティグループの証券化市場部門のジェフ・パーロウィッツ共同責任者が退職することが明らかになった。30年余りにわたり米金融業界に身を置いた同氏は、同行でMBS(モーゲージ担保証券)市場を開拓した立ち役者の1人。

  シティのジェイミー・フォレス社長とマーケッツ&セキュリティーズ部門のグローバル責任者であるパコ・イバラ氏の行員向けメモによれば、パーロウィッツ氏(59)は退職する計画。同行の広報担当はブルームバーグが入手した同文書の内容を確認した。  

  パーロウィッツ氏の退任は、トレーディング部門で2年余り前に外国為替業務責任者としてナディール・マーマッド氏がアニル・プラサド氏の後任に就いて以来の幹部異動となる。2014年11月の同行資料によれば、債券収入における証券化市場部門が占める割合は約15%。

原題:Citi’s Perlowitz Leaving as Co-Head of Securitized Markets (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE