トルコ中銀:翌日物貸出金利を10.5%に引き下げ-市場の予想外

トルコ中央銀行は24日、翌日物貸出金利を予想に反して引き下げた。政府与党から相次いでいた利下げの要求を聞き入れた格好だ。

  翌日物貸出金利は0.25ポイント低下し10.5%とした。エコノミスト19人を対象にしたブルームバーグの調査で、この引き下げ幅を見込んでいたのはわずか3人だった。中央値では据え置きが予想されていた。ウェブサイトに掲載された声明によれば、主要政策金利である1週間物レポ金利は7.5%、翌日物借入金利は7.25%にそれぞれ据え置かれた。

  トルコ中銀は声明で今回の利下げについて、先に打ち出した3つの政策金利を1つに集約する方向への最初の一歩だと説明。世界の金融市場のボラティリティ低下も決定の背景にあると述べた。

  エルドアン大統領らは先週、高金利が景気鈍化とインフレ加速につながっていると指摘し、翌日物貸出金利の引き下げを呼び掛けていた。

原題:Turkey Central Bank Unexpectedly Cuts Overnight Lending Rate (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE