アジア・太平洋株式サマリー:中国が大幅安、香港も下落-インド休場

アジア・オセアニア各株式市場の動きは以下の通り。

【中国・香港株式市況】

  24日の中国株式相場は下落。上海総合指数が2週間ぶりの大きな下げとなった。ペトロチャイナ(中国石油、601857 CH)など中国の一部大手企業は、景気減速と商品安で利益が圧迫された。

  上海総合指数は前日比1.6%安の2960.97で終了。エネルギー・資源株と金融株が下げの中心。ペトロチャイナは4日続落。昨年の利益が1999年以来の低水準に落ち込んだほか、原油相場が1バレル=40ドルを割り込んだことが響いた。中信証券(600030 CH)など証券株も安い。同社の利益見通しを中国国際金融(CICC)が引き下げた。

  旭方投資管理によると、経済成長が勢いを取り戻さない限り、工業部門を中心とする中国企業の利益が増加することはないという。同社のパートナー、王晨氏(上海在勤)は「 オールドエコノミーは依然として低迷している」と指摘。「年内に景気が上向かなければ、企業の利益も改善されないだろう」と述べた。

  小型株の指標である創業板(チャイネクスト)指数は前日比1.7%下落。同指数は23日に強気相場入りしたばかり。CSI300指数も1.7%安。

  香港市場ではハンセン中国企業株(H株)指数が1.9%安と、1カ月ぶりの大きな下げ。ハンセン指数は1.3%安で引けた。25、28両日の香港金融市場は祝日のため休場となる。 

(上海総合指数のグラフ:SHCOMP <Index> GP YTD)
(ハンセン指数のグラフ: HSI <INDEX> GPO)

【インド株式市況】

  24、25日のインド株式市場は祝日のため休場となる。取引は28日に再開される。

(S&P・BSEセンセックスの動向: SENSEX <Index> GPO D)

【オーストラリア株式市況】

  S&P/ASX200指数は前日比1.1%安の5084.21。

(S&P/ASX200指数のグラフ: AS51 <INDEX> GP)

【韓国株式市況】

  韓国総合株価指数は前日比0.5%安の1985.97。

(韓国総合株価指数の日中価格グラフ: KOSPI <INDEX> GIP)

【台湾株式市況】

  加権指数は前日比0.3%安の8743.38。

(台湾加権指数のグラフ: TWSE <INDEX> GP D)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE