伊藤忠、時価総額で三井物に迫り総合商社2位が視野に-チャート

伊藤忠商事の株式時価総額が24日、三井物産に迫った。三井物産は、資源分野を中心とした減損損失の計上で今期(2016年3月期)に創業来初の赤字決算に陥る見通しを23日に発表。伊藤忠は期初予想通り過去最高益となる3300億円の純利益を据え置いており、業績の明暗が株価に反映された。両社の時価総額は24日の取引時間中、一時逆転する局面もあった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE