三菱商事:今期4300億円の減損計上-商社5社で1兆円に迫る規模

更新日時
  • 純損益を1500億円の赤字に修正-初めての赤字
  • 連結ベースの最終赤字は初めて-今期の期末配当25円は維持

三菱商事は24日、今期(2016年3月期)の連結純損益(国際会計基準)を1500億円の赤字に下方修正すると発表した。従来予想は3000億円の黒字。チリの銅事業やオーストラリアの液化天然ガス(LNG)事業などで計4300億円の減損損失を計上する。連結ベースでの最終赤字は初めてとなる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。