世界の鉄鋼メーカー、痛み和らぐ可能性-中国の輸出鈍化見通しで

  • ノーブル:中国国内の鉄鋼価格上昇で輸出が抑制されると予想
  • 減産を受け中国の鉄鋼価格が上昇している:ピリンスキー氏

中国との競争で打撃を受けている世界の鉄鋼メーカーの痛みが和らぐ可能性がある。中国国内の鉄鋼価格上昇により、鉄鋼メーカーにとって輸出よりも国内販売の魅力が増し、過去最高水準に達している同国の輸出が減少すると、商品取引会社ノーブル・グループはみている。中国は世界最大の鉄鋼生産国。

  ノーブルの炭素鋼鋼材アナリスト、ゲオルギ・ピリンスキー氏は23日、シンガポールでの会議で「中国の鉄鋼輸出が少なくとも向こう数カ月間減少すると予想する主因は、同国の鉄鋼価格が昨年12月以降、他地域の価格を上回っている点だ」と指摘。「30%、40%と、大幅な上昇を示している」と述べた。

  中国の鉄鋼メーカーが国内価格下落と供給過剰に対処したため、同国の輸出は昨年、過去最高水準に増加した。中国は世界の鉄鋼生産の約半分を占める。中国産の価格が安過ぎるとの見方が高まる中、輸出急増でアジアや欧州、米国で競争が激化し、世界の鉄鋼メーカーの利益が落ち込んで貿易摩擦が強まった。ピリンスキー氏によれば、中国の鉄鋼価格は今年に入って主に減産により回復している。

原題:Global Steelmakers May Win Reprieve as China Exports Set to Slow(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE