グリーンパワーと米パターン・エナジー、千葉の太陽光発電所完成

米サンフランシスコを本拠とする再生可能エネルギー開発会社パターン・エナジー・グループと日本のグリーンパワーインベストメントは、千葉県富津市で42メガワットの太陽光発電施設を完成させた。

   パターン・エナジーが23日、電子メールで送付した発表文によると、富津太陽光発電所は東京電力と20年間の売電契約を締結している。京セラが太陽光パネルを供給。

  同プロジェクトには、米ゼネラル・エレクトリック(GE)のエネルギー金融サービス部門が出資している。三菱東京UFJ銀行を幹事行とする4行が資金調達を支援。

原題:Pattern, Green Power Complete 42-Megawatt Solar Farm in Japan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE