ポンドの売りオプションが急増、過去最高水準に-チャート

  ポンド下落を見込む期間3カ月のオプションが過去最高の水準に達している。英国の欧州連合(EU)残留か離脱かを問う国民投票が6月23日に迫り、ブリュッセルのテロが離脱可能性を高めるとみられていることが背景にある。市場の持ち高と投資家心理の指標とされるボラティリティ・スキューは急速にフラット化し、ポンドのプットオプション(売る権利)がコールオプション(買う権利)を430ベーシスポイント(bp)上回って取引されている。これはブルームバーグがデータの集計を開始して以来、投資家心理がポンドに最も弱気に傾いていることを示す。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE